放置すると危険

ldlコレステロールの数値

ldlコレステロールとは動脈硬化を引き起こす強い危険因子のことです。悪玉コレステロールとも呼ばれているものです。ldlは肝臓の中で作られたコレステロールを各臓器に運ぶ役割をしている、低比重リポたんぱくと呼ばれる物質のことです。このldlコレステロールが細胞に取り込まれなかった余ったコレステロールが血管内の取り残されて、血管がドンドンと詰まって行き動脈硬化などの成人病を引き起こす原因となって行くのです。40歳を過ぎると代謝が落ち始め、または女性は更年期などが原因で女性ホルモンが減少して、いずれはなくなってしまうとldlコレステロールを含む総コレステロール値が高くなる傾向にあるので要注意です。まずはこまめに病院を受診して血液検査などで異常がないかを知ることが大切です。

一番望む理由とは

ldlコレステロールが高くなって来ると、血管に悪玉コレステロールと言われるldlコレステロールが溜まって、血液の流れを阻害したり血管を弱らせて動きを悪くしてたりなどコレステロールが溜まって行きます。若いころならば焼き肉や野菜不足、暴飲暴食の生活をしていても血管が健康でいたかも知れませんが、40歳を過ぎて来る頃には健康診断で数値が悪いと言う結果が出て来るのを耳にします。ldlコレステロールが異常値と診断されたならば高くても低くても、他に何か病気がないかを調べられます。動脈硬化が進むと心筋梗塞などの原因となるからです、医師からも生活習慣を改めるように指導され、投薬治療や運動または食生活の改善などを言われます。自分でも肉よりも魚、野菜を多く採るなどや運動などを心がけ、日ごろの生活の中でも他の病気を引き起こさないように努力したいものです。